ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> アルファ・ロメオの修理例紹介 >> ●アルファ・ロメオ・10
 
 
Alfa Romeo MiTo 

 アルファロメオ・ミトのフロントフェンダー交換と
 ドアパネルの破損の板金塗装修理。
 

 下は破損個所の詳細。
 フェンダーのウィンカーは傷になっていたので
 新品に交換しました。
 フェンダーパネルは交換だったので、
 まずは前バンパー、左ヘッドライトなどの
 部品を先に外しました。
 前バンパーの外れた「アルファ・MiTo」。
 ミトの前フェンダーのタイヤハウス内部。
 タイヤハウス内のインサイドパネルと
 シーリング材で繋げてありました。
 シーリングを切り離して、フェンダーを
 外したところ。
 外れたフェンダーとバンパー。
 バンパーは今回は触らないので、このまま板金終了
 まで保管しておきました。


 下の画像は届いた新品フェンダー。
 黄色のマジックで印をつけたところに傷がありました。
 イタリア車の新品部品は、このくらいの傷がついて
 いるのは当たり前だったりします。
 今回の新品フェンダーはサビ止めの塗装もキレイに
 塗られていて、プレスも狂っていなかったので
 イタ車の新品パーツとしては良いものだったと思います。
 こちらは、ドアの破損個所の詳細。
 正面からの衝撃で、アコーディオンのように
 折れ曲がり、周辺が全体に膨らんでいました。
 ドアの板金のためにドアの付属物を外しているところ。
 いつものように裏から叩き出します。
 ドアの鈑金が終わったところ。
 フェンダーから続くオーバーフェンダー形状の
 部分もこの時点である程度直しておきました。
 この後、パテを着け、それを平滑に研磨して
 いきます。
 ドアにつけたパテが研ぎ終わったところで、
 新品フェンダーとの合わせに問題が無いか
 確認の仮合わせを行います。
 仮合わせの状態で微調整のパテ研磨を行い
 ます。
 オーバーフェンダー形状の部分も問題なく整形
 できたようです。
 パテの研ぎが終わったところで、下地の
 サフェーサーをペイント。
 新品フェンダーの傷にもサフェーサーを入れて
 キズを均しておきます。
 本塗りのアルファ・レッドが塗り上がりました。
 フロントフェンダーは外れた状態で、
 ドアとは個別に塗装を行いました。
 仕上がったフェンダーを組み付けているところ。
 フェンダー内・タイヤハウスのシーリングも
 忘れずに行いました。
 最後に仕上げのバフ研磨をして、バンパー、
 ヘッドライトなどの部品を組み付けして完成。
 ドアの板金もキレイにできました。
 前フェンダーから続く「タイヤハウスのアーチの造形」も
 問題なく仕上がりました。





 下はお客様にお渡しする前の画像です。






HOME   |  ご相談、ご質問はコチラへ
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004,2005,2006,2007,2008,2009,2010,2011,2012,2013,2014,2015,2016
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.