ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図
 
wako-car.co.jp

ホーム >> このような車も直しています >>アルピナの修理例紹介 >> アルピナ・2
 
 
ALPINA B3 3.3 (BMW E46) 

 アルピナB3 3.3 の、塗装の劣化修理。
 屋外駐車で、10年以上経ってくると、クリア層と色の層が
 分離して、日焼けした肌がむけるように、クリア層が
 剥がれてきます。
 これは塗装の寿命みたいなものだと思います。
 ボンネットは、フロントガラスに近い奥側から剥離が
 始まっていました。
 クリアが剥離していない部分も、班のように青い塗装が
 白っぽくなってきていました。
 塗装が劣化してくると、ちょっとした石ハネをきっかけに、
 剥がれ始めることがあります。
 ドアミラーの上面のクリアはほぼ剥がれ落ちて
 いました。
 リアのナンバープレート上のガーニッシュも
 塗装が劣化していました。
 全体に、車の右側の塗装が痛んでいるようでした。
 工場に入れて確認したところ、
 BMWのキドニーグリル周辺に凹みがあることに
 気が付きました。これも一緒に直します。
 リアスポイラーも色が白くなってきている感じが
 あったので、塗ることになりました。

 左の画像はリアスポイラーを外す前に、トランクを
 マスキングしているところ。このリアスポイラーは
 接着剤と両面テープで取り付けされていたので、
 接着剤を切断する時にトランクの塗装を痛めないように
 養生しながら外しました。
 左画像は、リアスポイラーが外れたトランク。
 接着剤と両面テープの跡が残っています。



 下画像は、外れたスポイラーの詳細。
 中央にキズをタッチペイントした跡があったので
 そこも直しました。
 リアのナンバープレートのガーニッシュと
 左側の前後ドアのドアハンドルを外した
 ところ。
 これらの部品も劣化していたので塗り
 なおしました。
 ボンネットは車から外し、剥離剤を使って、
 痛んだ塗装を剥がします。
 色を剥がして、鉄板の状態になった
 アルピナのボンネット。
 おまけ画像。
 ボンネットの外れた、ALPINA B3 3.3 。
 鉄板まで剥いたボンネットにサフェーサーを塗ったところ。
 画像はありませんが、サフェーサーの前工程で、
 PPG社のプライマーを塗装してあります。
 サフェーサーを塗ってから、ボンネットの歪み取りを行い
 ます。鉄板の状態で直していると、どんどん酸化して
 錆びてしまうので。。。

 一度パテを入れたところは、そのパテを研磨した後に
 もう一度サフェーサーを塗装します。
 ボンネット以外の塗装の劣化は、
 痛んだ塗装の層まで研磨してサフェーサーで
 下地を作ります。
 ところどころ白く見えている部分は、新車時の
 プライマー層です。新車で塗られているプライマーは
 質が良いので、今回の修理では、元のプライマーを
 生かして下地を作っています。
 トランクも専用の研磨機で
 劣化した塗装を研磨しました。
 この白く見えているのも、新車時の
 プライマーです。この層は生かして
 下地を作りました。
 リアバンパーの上面も劣化していたので、
 悪い層まで研磨してサフェサーを入れました。
 フェンダー、ドアの肩の部分の劣化も研磨で
 除去しました。
 この白く見えているのも、新車時の
 プライマーです。この層は生かして
 下地を作りました。
 トランクは外した状態でサフェサーを塗装。
 トランクパネルは、今回は水平面だけを修理
 しました。
 ここまで修理するなら、トランクの垂直面もやりたい
 ところなのですが、垂直面は塗装がそれほど痛んで
 いないのと、外すと交換になってしまう、
 アルピナ・エンブレム、アルピナ・ストライプなど、
 交換や再貼り付けにコストがかかる部品があるため、
 お客様と相談の上、今回は水平面だけを修理しました。
 サフェーサーの塗りあがったトランク。
 側面パネルにもサフェーサーが入りました。
 フェンダーの先端に深い石ハネの傷があったので
 修理しておきました。
 
 一度パテを入れたところは、パテを研磨した後に
 もう一度サフェーサーを塗装します。
 塗りあがったボンネット。
 色は、アルピナ・ブルー です。
 トランクは、組み付けてからバフ磨きを
 行いました。
 側面パネルもキレイになりました。
 塗装が終わったリアスポイラー。
 アルピナ製リアスポイラーを取り付けしているところ。
 着いていた時と同じように両面テープと接着剤で
 取り付けしました。
 接着剤での取り付けは、ズレたりすると調整が効かない
 ので、とても気を使う作業になります。
 アルピナ・ストライプ(デコライン)の貼り付け準備を
 しているところ。
 このストライプを貼るのがまた大変なんです・・・。
 貼り付けしているところの画像は撮り損ねました。。。
 完成後に、ボディコーティングをすることになったので
 今回塗装していない左側のパネル類をバフ磨きしました。
 デコラインにバフが引っ掛かると、剥がれる可能性が
 あるので、デコラインは全てマスキングしてから磨いて
 います。
 磨き後に、ボディコーティングを塗りこんだところ
 です。
 弊社のコーティング剤は、ガラス系です。
 ボディ・コーティングも全て完了し、
 お客様へお渡しする前の画像です。
 長く掛かりましたが、ようやく仕上げることが
 できました。。。





HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2013
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.