アルピナD5ターボ, リヤフェンダーの凹みキズの鈑金塗装修理.東京都渋谷区よりご来店のお客様 | 荒川区の和光自動車鈑金

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します.

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> アルピナの修理例紹介 >> ●ALPINA・4
 
 
東京都渋谷区からご来店のアルピナ ALPINA D5 Turbo

 アルピナ D5 ターボ のリアフェンダーの
 板金塗装修理。
 東京都渋谷区からご来店されました。
 
 
 下の画像は、破損個所の詳細です。
 タイヤハウスのアーチのプレスラインが潰れて
 いました。
リヤフェンダーの傷の詳細 タイヤハウスの潰れの詳細
ドアの開口部はマスキングして作業  いつもどおり作業の粉塵が車内に入らないように
 ドアの開口部を専用のビニールで養生してから
 作業を開始。
凹んでいる箇所に板金用のピンを電気溶接  凹んでいる部分に板金用のピンを
 電気溶接し、それを使ってヘコミを
 引き出していきます。
リヤフェンダーの板金が終了  ある程度板金が終わったところ。
 
 塗膜の境目のエッジをできるだけ滑らかに
 研磨してパテを付ける準備をしていきます。
板金の終わったフェンダーにパテ付け  パテがつきました。
 この後、パネルヒーターで熱を掛け、パテを完全硬化
 させます。
パテを丁寧に研磨したところ  硬化が終わったパテを研いでいきます。
リヤフェンダーにサフェをペイント  パテが研げたところで、下地のサフェーサーを
 ペイント。
 そのサフェの乾燥後に、さらに平滑に研磨して
 下地を整えていきます。
本塗りのアルピナ・グリーンをペイント  本塗り塗装が終わったところ。
 今回はお客様のご希望で、アルピナ・ストライプは
 剥がさずに、ストライプ下のゾーンで塗装を切りました。
 
 今回の色は、「アルピナ・グリーンU」でした。
 定番色のアルピナ・グリーンがマイナー・チェンジした
 ようです。
 
鏡面仕上げのバフで磨いて完成  塗装を遠赤外線パネルヒーターで完全乾燥させ、
 鏡面仕上げのバフ掛けをしたら完成。
タイヤハウスのラインもキレイに直りました  潰れていたタイヤハウスのプレスラインも
 キレイに復元できました。
 下はお客様にお渡しする前の画像です。
 この"ALPINA D5 Turbo"ですが、20インチの
 アルピナ・ホイールは存在感があります。
 リヤのタイヤサイズは、285/30ZR20 でした。
 
 この度は東京下町の板金屋・和光自動車を
 ご利用頂きありがとうございました。
 今後も腕のいい、上手な工場を目指して日々
 精進していきます。
お客様にお渡しする前のアルピナ 修理の完了したアルピナD5ターボ






HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004,2005,2006,2007,2008,2009,2010,2011,2012,2013,2014,2015,2016
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.