ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> アウディの修理例紹介 >> ●アウディ・11
 
 
Audi A1

 アウディA1、後バンパーの凹み傷の板金塗装修理。
 亀裂のようにも見えましたが、表層の部分が削り取られ
 たような感じで、傷は裏側まで達していませんでした。
 熱処理で窪みをある程度戻してから、
 傷のエッジをならしていきます。
 傷のエッジを取ったところで、バンパー専用パテを
 付けます。
 パテを研磨したところ。
 パテの残っている範囲には、なんらかの歪みか
 キズがあったことになります。
 今回は、お客様が1本丸ごとのペイントをご希望
 されていたので、サフェ―サーの塗装前に、
 バンパーを外しました。
 オマケ画像。
 リアバンパーの外れたアウディA1。
 こちらもオマケ画像。
 リアバンパーのサイドの取り付け部は
 こうなっています。
 サフェーサーを塗り上げたところ。
 今回使ったサフェは白っぽいため、まるで
 ボディ色を塗ったように見えます。
 乾燥後のサフェーサーを平滑に研磨したところ。
 下側のデフューザーもこの段階で外しておきました。
 こちらは外したデフューザー。
 このまま保管し、塗装完了後に再び組み付けます。
 塗り上がったリアバンパー。
 
 今回の色は「ホワイト・メタリック色」でした。
 ホワイト・パールは多くありますが、ホワイト・メタは
 珍しいです。ロータス・エリーゼには、白メタの設定が
 あるようですが。。。
 仕上がったバンパーを組み付けして、
 コーティング剤を塗る準備をしているところ。
 
 コーティング剤を塗ったバンパーの表面。
 コーティングの硬化を待っているところです。

 このように、修理した部品単位でコーティング剤を
 塗ることもできます。
 ボディコーティングをしているお車で、修理箇所に
 コーティングをご希望される方はお気軽にご相談
 下さい。
 コーテイングの硬化後に、余分なコーティング剤を
 平滑にして完成。
 無事、キレイに仕上げることができました。
  
 下は、お客様にお渡しする前の画像です。





HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2015
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.