ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> ベンツの修理例紹介 >> ●ベンツ・20
 
 
Mercedes Benz S65 AMG (W220)

 ベンツSクラス、S65AMG(W220)の
 バンパー修理。
 バンパー本体は中央周辺にキズ歪みがあり、
 ナンバープレート土台と左のバンパーモールにも
 歪み、傷、亀裂がありました。
 ナンバープレートベースの傷の詳細。
 淵の部分と、土台の取り付け穴が裂けて
 いました。もちろん土台全体にも傷は
 ありました。
 左はボンネットグリルについた傷。
 ボンネットグリルはお客様が持ち込んだ物を
 弊社で交換しました。
 
 下はバンパー中央の傷と、
 バンパーモールの傷の詳細。
 メッキ部分も傷になっていました。
 バンパーは外して修理しました。
 バンパーモールを外すためにバンパー裏側を確認
 しているところ。
 モールを修理して再利用する場合は、モールの
 取り付け爪を傷めないように外す必要があります。
 裏側から爪を起こして、丁寧に外していくのですが、
 Sクラスのバンパーは裏側に「具」がたくさん詰まって
 いるので、取り付け爪に到達するまで、これらの部品を
 外す必要があります。
 (モールを取り付ける時は押し込むだけなので、
  裏の付属物は外さずにできます)
 なんとか無事に外れたバンパーモール。
 下はナンバープレートベースになります。
 ナンバープレートの土台の詳細。
 横の亀裂を確認しているところ。
 亀裂をファイバー入りの樹脂で繋げたところ。
 取りつけ部の穴も欠けて広がっていたので
 ファイバー入りの樹脂で充填補強しておきました。
 取り付け穴は、樹脂の完全乾燥後に空け直しました。 
 バンパー中央、バンパーモール、
 ナンバーの土台の傷と歪みを
 プラスチック専用のパテでならしていきます。
 (パテの付いているところは、なんらかのキズ、
  歪みがあった箇所になります)
 パテが平滑に研げたところで
 サフェーサーを塗装。

 この後、サフェーサーを完全乾燥させて、
 そのサフェを平滑に研ぎあげてから
 本塗りの塗装を行います。
 本塗りのホワイトが塗り上がったところ。
 今回、バンパーの中央は部分塗装で仕上げて
 います。
 モールとナンバーの土台は、部品単位で
 丸ごとペイントしました。
 グリルはお客様がお持ち込みになったものを
 弊社で交換しました。
 黒い格子のほうが、持ち込みまれたグリルです。
 外していた全ての部品を組み付けて完成。
 バンパー本体はボカシ仕上げですが
 キレイにできました。
 ナンバーの土台、バンパーモールも
 キレイに直っています。
 (メッキの部分だけは新品に交換しています)
 お客様にお渡しする前の画像です。





HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2015
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.