ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> BMWの修理例紹介 >> ●BMW・22
 
 
BMW 325i M-Sport (E46)

 BMW 325i M・スポーツ(E46)の左右前フェンダーと
 リアバンパーの板金塗装修理。
 それと、前バンパーのズレの建付け調整、
 お客様持ち込みのガラスのレギュレーターも
 交換修理しました。
 
 左前フェンダーの詳細。
 凹みと、バンパーのズレが確認できます。
 前フェンダーは中央部に塗装が剥がれている
 箇所があり、そこから錆も出始めていました。
 右前フェンダーの詳細。
 凹みと、こちらもバンパーの合わせ目が
 ズレていました。


 下画像は後バンパーの左側面のキズの詳細です。
 後バンパーに関してはなるだけ安く仕上げるために
 塗装は部分塗装で行うことになりました。
 また黒いバンパーモールにも傷がありましたが、
 こちらは交換せずに再利用しました。
 フロントバンパーを外して修理を開始。
 バンパーとフェンダーのズレは、
 フェンダーを支えているリテーナーが
 変形していたせいもあったようです。
 左右フェンダー、どちらも先端部の破損なので
 その時の衝撃でリテーナーも変形したようです。
 左の前フェンダーは、バンパーを付けると見えなく
 なる箇所にも変形が起こっていました。
 外れた前バンパー。
 前バンパーにも傷はありましたが、
 今回は塗装はせずに建付けだけを
 調整しました、
 左前フェンダー、右前フェンダー、
 リアバンパー、それぞれにサフェーサーを
 塗装したところ。
 (板金作業の画像は忙しくて撮り損ねました・・・)
 サフェーサーの乾燥待ちの間に
 フェンダーとバンパーの建て付けを調整。
 
 画像はフェンダーのリテーナーをバラしたところ。
 フェンダーの先端部は、専用のリベットで留まって
 いました。
 リテーナー修理後には、同じようにリベットで
 取り付けしておきました。
 サフェーサーの乾燥待ちの間に
 右前ドアのガラスのレギュレーターの交換も
 行いました。
 車のパワーウィンドウは、長く乗っていると上げ下げ
 する機構が劣化で割れてガラスを上下できなくなります。
 よく言われる「窓落ち」という現象です。
 ガラスの上げ下げ時に「ガリガリ」いうような、
 いつもと違う異音がしたら早めの交換をお勧めします。
 
 レギュレーターは、お客様の持ち込みでした。
 右が古いレギュレーターで、左が持ち込まれたもの
 です。
 メーカー違いでしたが、無事に交換することができ
 ました。
 画像のように、新しいレギュレーターにはモーターが
 付属していなかったので、今までついていたものを
 移し替えて組み上げました。
 右前フェンダー、左前フェンダー、
 リアバンパーのサフェーサーを研磨して
 本塗り塗装の準備をしているところ。
 ペイントの完了した、右前フェンダー、
 左前フェンダー、リアバンパー。

 フェンダー左右はそれぞれ1枚塗りをしていますが
 リアバンパーだけは部分塗装で仕上げました。
 
 塗装の乾燥後に鏡面仕上げのバフを掛けて完成。
 完成した「左前フェンダー」の詳細。
 バンパーとの合わせ目も違和感なく調整できました。
 右前フェンダーとリアバンパーもキレイに
 仕上がりました。
 交換したガラスのレギュレーターも快調に
 動いていました。






HOME   |  ご相談、ご質問はコチラへ
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004,2005,2006,2007,2008,2009,2010,2011,2012,2013,2014,2015
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.