BMW・M5(E60), M3(E46), リヤバンパーのキズ・凹み, 塗装不良の板金塗装修理 | 東京 荒川区の和光自動車鈑金

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します.

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> BMWの修理例紹介 >> BMW・6
 
 
BMW M5のリアバンパー修理 BMW M5 (E60)

 BMW M5 のリアバンパー修理。
 深めの凹みキズの修理です。陥没したように
 なっていたので、バンパーは外して作業するのが
 理想的ではありましたが、お客様のご希望もあり、
 バンパーは外さないやり方修理しました。
 塗装も部分塗装で仕上げています。
鏡面仕上げのバフ掛けをして完成
 凹みを直してホワイトをペイントし、
 鏡面仕上げのバフ掛けをして完成です。
 このM5のリアバンパーは複雑な形状のため、
 バフ磨きの際には慎重に作業する必要が
 あります。
お客様にお渡しする前の画像です





BMW M3のリアバンパー修理 BMW M3 (E46)

 BMW M3 のリアバンパー修理。
 キズやぶつけたのではなく、リアバンパーの
 塗装が一部分密着不良のようになっていた
 ところの修理です。
 通常バンパーはPPという樹脂でできているの
 ですが、実はこの材質は、塗装の密着が
 よくない材質なのです。
 自動車では、整形の容易さや、リサイクルがし易い
 ということもあって、このPP樹脂がいろいろな部分で
 使われるています。
 今回のM3も、以前に修理したことがない無補修車
 にもかかわらず、塗装が浮いてきてしまっていました。
 メーカーの下地処理でも時々こういうことがあるようです。
今回はバンパー本体は外さずに作業  今回はバンパー本体は外さずに作業しました。
 塗装もお客様のご希望もあり部分塗装で仕上げて
 あります。
 E46のM3は、オーバーフェンダーになっている
 ため、かなり迫力がありますね。

 この度は東京下町の板金屋・和光自動車鈑金を
 ご利用頂きありがとうございました。
 今後も腕の良い、上手な工場を目指して日々
 精進していきます。
お客さまにお渡しする前の画像 E46のM3はオーバーフェンダーになっている






HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004,2005,2006,2007,2008,2009,2010,2011
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.