ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> ミニ(Mini)の修理例の紹介 >> ●MINI・5
 
 
BMW MINI COOPER S (F56)

 BMW・ミニ・クーパー・S (F56) の
 左前フェンダー、左ドア、左リアフェンダーを
 板金塗装修理しました。
 前と後ろの「オーバーフェンダー」はプラ素地仕上げの部品
 なので新品に交換しました。
 それと左前フェンダーのウインカーもヒビが入っていたので
 新品に交換しました。
 左前フェンダーの凹みの詳細。
 白なので確認しづらいですが、ウィンカー周りのプレスが
 押されて潰れている状態でした。
 あと、ウィンカー自体にも衝撃でヒビが入っていました。
 左前のオーバーフェンダーも全体に潰れてキズになって
 いました。
 
 下の画像はドアの後端の歪みキズと、
 リアフェンダーの破損の詳細です。
 リアフェンダーはアーチ部が全体に奥に押されて
 いる状態でした。それと上部の丸みのある部分も
 潰れているような感じでした。
 白は歪みが写りづらいのでお伝えしきれない感じが
 ありますが、ドアとリアフェンダーには広範囲に
 歪みが入っていました。
 リアフェンダーの凹みを引き出しているところ。
 画像のようにリング状の金属をパネルに電気溶接して
 それを引っ張ることで、パネルを修正していきます。
 いつものように開口部に埃が入らないよう
 養生してから作業しました。
 
 ある程度板金が終わったところ。
 
 

 
 下の画像はドアとリアフェンダーの板金後の状態。
 目立つ凹みの他に、極浅い凹みも広い範囲に
 ありましたが、そちらはパテのみで拾う方向で
 対応しました。
 板金が終わったところで、パテを付けて
 それを平滑に研磨していきます。
 黄色いパテが付いているところは、なんらかの
 歪み、凹みがあったことになります。
 パテがキレイに研げたところで、サフェーサーを
 塗装。
 リアフェンダーのアーチもキレイに復元でき
 ました。

 この後、サフェーサーを平滑に研磨して、本塗りの
 ホワイトを塗っていきます。
 ペイントした本塗りのホワイトを完全乾燥させ、
 鏡面仕上げのバフ掛けをして、
 バラしていた全ての部品を組み上げたら完成。
 前フェンダーのウィンカー周りの造形も
 無事に復元できました。

 
 
 お客様にお渡しする前の画像です。

 三代目のBMWミニは今回初めて修理しました。
 今回はテールランプがかなり変わったようです。
 どの型もデザインコンセプトは共通していますが
 夜ならすぐに三代目と判断できそうです。






HOME   |  ご相談、ご質問はコチラへ
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004,2005,2006,2007,2008,2009,2010,2011,2012,2013,2014,2015
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.