ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図
 
wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> プジョーの修理例紹介 >> プジョー・1
 
 
プジョー307CCの前バンパー修理 Peugeot 307CC 

プジョー307CCの前バンパー修理。

前バンパーのサイドの膨らんでいる部分についた傷の
修理です。
今回は、膨らんでいるゾーンで塗装を区切ることができました。
バンパーは外さずに作業しました。
塗装の乾燥後にバフ研磨をした. 塗装の乾燥後に、
鏡面仕上げのバフ研磨をしました。


下は、お客様にお渡しする前の画像です。
完成した Peugeot 307CC お客様にお渡しする前の画像





プジョー306,リア周りの修理 Peugeot 306 cabriolet 

プジョー306カブリオレ、リア周りの修理。
テールランプ、バンパーを外して、リアのバックパネルを
基準の位置まで引き出しました。
バンパーで隠れていた部分も曲がっていた. バンパーで隠れていた部分もトランク側に傾くように
曲がっていました。
ワッシャーを溶接して引き出した.

今回は、表面や裏面をできるだけ痛めないように
ワッシャーを溶接して引き出すことにしました。

 
プルタワーで寸法を確認しながら引っ張る プル・タワーで、ジンワリと、寸法を確認しながら、
引っ張っていきます。
  
完成した Peugeot 306 cabriolet
お客様にお渡しする前の画像です。
お客様にお渡しする前の画像
 キレイに直りました。



プジョー306スタイルのリア周りの修理 Peugeot 306 style 

プジョー306スタイルのリア周りの修理。
上のカブリオレと似た損傷ですが、こちらのほうが酷いです。
このくらいになるとバックパネルは交換になります。
テールランプ、バンパーを外して、まずはリアのバックパネルを
ある程度引き出します。
フロアの損傷 左の画像は、フロアの損傷を写したものです。
本来水平であるはずの床が途中で曲がってしまって
います。
このくらいの損傷になると、車自体をフレーム修正機
で固定することになります。(左下画像)
固定後、バックパネルを引っ張ります。(右下画像)
フレーム修正機に固定して修理 固定後,バックパネルを引っ張る
交換したバックパネルに塗装したサフェーサー 寸法をある程度出した段階で、バックパネルの外側の部分
を交換します。左画像は、交換したバックパネルに塗装した
サフェーサーを研磨しているところです。(このバックパネル
の外側パネルは溶接で取り付けされています)
バックパネルの表側のパネルは交換しましたが、
バックパネルのインナー部とフロアパネルは板金で修理
しました。インナー部や、フロアは、板金で直せる範囲で
あるならなるだけ板金したほうが良いです。交換すれば、
溶接箇所が両サイドに残るなど、それなりの”跡”が残る
ことがあります。
バックパネルの表側のパネルは交換した 塗装完了後に、外していた全てのパーツを
組み付けて完成。
板金したインナーパネルもきれいに直った 板金したインナーパネルもきれいに直りました。
画像を撮り損ねましたが、フロアもキレイにできました。
経験の少ない中古車の査定人では、リアの修理歴を
見つけることはできないかもしれません。。。
完成した Peugeot 306 style お客様にお渡しする前の画像です。




HOME      |    
Contact us




(有) 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright © 1998〜2011
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.