ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> スズキの修理例紹介 >> ●SUZUKI・2
 
 
Suzuki Cappuccino

 スズキ・カプチーノのエアロパーツの取り付けと
 板金塗装修理。

 エアロは、お客様持ち込みの中古パーツを
 修理してから取り付けました。
 板金する箇所の詳細。
 左前フェンダーにガリキズと、
 バンパーは左角周辺に傷と歪みがありました。
 それぞれの合わせ部もズレていました。
 リアには、トランク・キャリアが付いて
 いましたが、リアスポイラーを取り付ける
 ために外しました。
 
 
 持ち込まれた中古エアロ。
 前スポイラーと、リアスポイラーになります。 

 フロントスポイラーは「柿本」、
 リアスポイラーは「スズキ・スポーツ」でした。
 中古とはいえ、今では希少な部品になります。
 どちらもFRP製のエアロでした。
 フロントスポイラーの詳細。
 キズ、石ハネが広範囲にあり、
 ほぼ全体の下地をやり直しました。
 
 
 リアスポイラーの詳細。
 こちらは、全体的に塗装の劣化が起こっていました。
 これも下地全てを直してから塗装修理しました。
 リアスポイラーのフィッテングを行うのに
 先にリアキャリアを外しました。
 
 下画像は、トランクのリアキャリアの取り付け跡です。
 取り付けられていた部品を外すと、塗装になんらか
 跡が残ることが多いです。
 
 
 リアスポイラーのフィッテングを行って
 いるところ。
 このリアスポイラーは、前後に少しズレるだけで
 隙間が大きく空いてしまうので、一番いい位置に
 テープで印をつけておきました。
 こうしておくことで、塗装完了後に
 位置に迷わず取り付けすることができます。
 仮付けのリアスポを外したところ。
 このラインに合わせれば、リアスポがピッタリ
 付くことになります。

 リアキャリアの取り付け跡は
 この時点でバフ研磨で取っておきました。
 バンパーを外してフェンダーの板金を開始。
 板金後にパテを付けて
 サフェーサーをペイント。
 
 この箇所はもっと小さく修理する予定でしたが
 以前に修理した部分から錆が出始めていて、
 それをある程度抑えるように作業していたら
 修理範囲が広がってしまいました・・・。
 バンパーは外して修理しました。
 パテの付いたバンパー。パテの付いている範囲に
 歪みがありました。
 
 白い部品は、劣化、キズ部を研磨した前スポイラー。
 前スポイラーの左端には割れもあったので
 FRPで補強しておきました。
 
 フロントスポイラー。
 表面の整形が終わったところでサフェーサーを塗装。
 同じくリアスポイラーにもサフェを塗装。
 リアスポの修理画像は取り損ねて
 しまいましたが、前スポイラーと、
 ほぼ同じ作業を行っております。
 バンパーの修理途中の画像。
 バンパー専用のパテを研磨したところ。
 パテの研磨が終わったところで
 サフェーサーを塗装。
 フロントフェンダーの塗装前の画像
 今回、予算の都合でフェンダーは
 部分塗装で直しました。
 フロントバンパーの塗装前の画像
 こちらも部分塗装で直しました。
 塗り上がったフロントフェンダー。
 塗り上がったフロントバンパー。


 下の画像は塗装の完了した、
 フロントスポイラーとリアスポイラーです。
 
 塗装の終わった部品を取り付けして完成。
 フェンダーとバンパーの合わせ部も
 元通りになりました。

 
 キズだらけだったフロントのリップスポイラーも
 キレイになりました。
 リアスポイラーもピッタリ付けることが
 できました。

 お客様にお渡しする前の画像です。





HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2015
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.