ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図
 
wako-car.co.jp

ホーム >> このような車も直しています >> トヨタの修理例紹介 >> ●トヨタ・16
 
 
Toyota Crown athlete (S18) 

 トヨタ・クラウン・アスリート(S18) のドアの
 板金塗装修理。
 右後ドアの上部についていた凹みを修理しました。
 画像のように、エクボよりも凹みに近い感じの
 窪みでした。 
 クボミがドアハンドルの近くだったので、
 ハンドルは外して作業しました。
 画像はドアハンドルを外すために、ドアの内張りを
 バラシているところ。
 ゼロ・クラウンの後ドアのハンドルは、
 内張りを外さないと外れない構造になっています。
 ハンドルが外れたところで、パテ付けを行いました。
 パテを研磨したところ。
 パテが残っている範囲にはなんらかの歪みが
 あったことになります。
 パテがキレイに研磨できたところでサフェーサーを
 ペイント。
  
 サフェーサーを平滑に研磨して、本塗りの
 準備に入ります。
 今回はドアモール上のゾーンで塗ることに
 なりました。
 塗装の乾燥後に鏡面仕上げのバフ磨きをし、
 外していたハンドルを組みつけて完成。

 と、なるところですが、、、このクラウンは
 ボディコーティング施工車だったので、修理した
 ドアパネルにコーティングを行いました。 
 コーティング剤を塗ったドアの詳細。
 コーティング硬化後に、余分なコーティング剤を均して
 完成です。
 キレイに直すことができました。
 今回のように塗装修理したパネルにだけコーティングを
 行うことも可能です。お気軽にご相談下さい。





HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2015
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.