フォルクス・ワーゲンの板金塗装・修理実績 | ワーゲン・タイプ1,初度登録は昭和41年.初代ビートルのフェンダーの凹み傷 | 和光自動車

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します.

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図
 
wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> VWの修理例紹介 >> ワーゲン・16
 
 
フォルクス・ワーゲン・タイプ1の前フェンダーの凹みキズの修理 VW Volkswagen Type1 

 フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーの
 凹み傷の板金塗装修理。
 初代ビートルですが、ビートルは当時の
 愛称で「タイプ1」が正式名称だそうです。
 初年度登録が昭和41年なので、52年前の車になります。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーにあったヒビ  ヘコミキズの詳細です。
 以前に着けたパテがヒビになっていました。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーの凹みキズの詳細  フェンダーの下側(前バンパ―近く)の
 凹み傷の詳細。

フォルクス・ワーゲン・タイプ1の古いパテを剥がしたところ  傷の部分をめくったところ、厚めにパテが付けて
 ありました。
 どうやら、フェンダー全体が総パテで仕上げられている
 ようでした。(旧車ではよくあることです)
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のサビの詳細 フォルクス・ワーゲン・タイプ1の錆の詳細を拡大
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーを研磨  板金する周辺のパテを削り落したところ。
 サビがパテの下に潜り込んでいる状態でした。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダー上部を研磨 フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダー上部の詳細
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダー板金  錆をできるだけ取って、板金したところ。
 今回、「フェンダーは部分塗装でなるだけ
 小さく直してほしい」とのご希望だったので
 どこまで古いパテを削るか悩みましたが、
 塗装の範囲との兼ね合いでのギリギリまでは
 研磨で錆を落としておきました。
 板金のほうも、全体に付けられた古いパテが
 割れる可能性があるので、様子を見ながら
 支障のない範囲に抑えておきました。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーにパテ付け  板金の終わったフェンダーにパテ付け。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーにサフェーサーを塗装  パテの研磨が終わったフェンダーに
 サフェーサーを塗装。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のサフェ―サーを研磨  完全硬化させたサフェーサーを平滑に研磨して
 本塗りの部分塗装の準備をしているところ。
 当初はできるだけ小さい範囲でペイントする予定でしたが
 かなり広い範囲まで塗ることになってしまいました。。。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダーを塗りあげて完成  塗り上げたフェンダーをバフで磨き上げて完成です。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のフェンダー修理が完成  制限のある中での修理でしたが、
 なんとか仕上げることができました。

 
 
 この度は東京下町の板金屋・和光自動車鈑金を
 ご利用頂きありがとうございました。
 今後も腕の良い、上手な工場を目指して日々
 精進していきます。
フォルクス・ワーゲン・タイプ1を後ろから撮影 フォルクス・ワーゲン・タイプ1を前から撮影
フォルクス・ワーゲン・タイプ1のVWエンブレム  オマケ画像。
 初代ビートルのVWエンブレムは、
 こんな位置についていました。




HOME      |    
Contact us




有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright © 1998〜2018
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.