アルファロメオの板金塗装・修理実績 | アルファ・ミト(955),リヤフェンダーの凹み傷の修理と,G'ZOXでボディコーティングも | 和光自動車

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> アルファ・ロメオの修理例紹介 >> ●アルファ・ロメオ・13
 
 
アルファロメオ・ミト(955)のリヤフェンダー板金修理 Alfa Romeo MiTo (Type955) 

 アルファロメオ・ミト(955)のリヤフェンダーの凹み傷の
 板金塗装修理と、ボディコーティングの施工。
 
 下は破損個所の詳細。
 タイヤハウスのプレスライン上に凹みがありました。
アルファロメオ・ミト(955)のクォーターパネルの凹み アルファロメオ・ミト(955)のフェンダーの凹みの詳細
アルファロメオ・ミト(955)のフェンダーの凹みを板金  早速、リヤフェンダーの修理を開始。
 あらかた板金をして、鉄板を均したところ。
アルファロメオ・ミト(955)のリヤフェンダーにパテ付け  板金の終わったリヤフェンダーにパテ付け 。
アルファロメオ・ミト(955)のリヤフェンダーにサフェーサーを塗装  パテを平滑に研磨し、
 下地のサフェーサーを塗装。
アルファロメオ・ミト(955)に赤メタを塗装  サフェの研磨後に、本塗りの赤メタをペイント。
アルファロメオ・ミト(955)のボディ全磨き  入庫のついでにボディコーティングも行いました。
 
 前回コーティングしてから数年経っていたので
 軽く全磨きをして下地を整えることにしました。
アルファロメオ・ミト(955)のボディ全磨きを前側から撮影  磨き残しがないように、前後を入れ替えて
 丁寧にバフ掛けしていきます。
アルファロメオ・ミト(955)のコーティング前のマスキング  ボディの磨きが終わったら一度、専用の洗剤で
 ボディ全体を洗い、水分をよく拭き取ってから
 艶消しパーツなどのコーティングを塗りたくない
 箇所をマスキングしていきます。
アルファロメオ・ミト(955)のコーティング前のマスキングを後ろから撮影  全てのマスキングが完了し、コーティングの
 準備ができました。
今回アルファロメオ・ミト(955)に塗布したG-Zox  今回は弊社オプションメニューのG'ZOXを使って
 コーティングを行いました。

 G'ZOXは2液効果型のコーティング剤で、
 硬化剤を使って固めるタイプのため、
 非常に強固なコーティング膜を形成します。
アルファロメオ・ミト(955)にコーティング剤を塗布  ボンネットから順にG-zoxを塗りこんでいきます。
アルファロメオ・ミト(955)のボンネットにG-Zoxを塗布  塗布後、白くなったら拭き取りOKのサインです。
G-Zoxを塗り終わったアルファロメオ・ミト(955)  ボディ全体にG-Zoxをコーティングして完成。
アルファロメオ・ミト(955)のリヤフェンダーもキレイに直った  凹んでいたリヤフェンダーもキレイに直りました。
コーティングの終わったアルファロメオ・ミト(955)の屋根 コーティングの終わったアルファロメオ・ミト(955)の左リヤフェンダー周り
コーティングでキレイになったアルファロメオ・ミト(955)のボンネット  車の顔であるボンネットもキレイに
 コーティングできました。
コーティングでキレイになったアルファロメオ・ミト(955)の右ドア 全ての作業が完了したアルファロメオ・ミト(955)
アルファロメオ・ミト(955)のリヤガラスに貼ったG-Zoxのシール  リヤガラスに貼ってある、青い枠のシールが
 ジーゾックスの施工証明シールになります。
 この度は東京下町の板金屋・和光自動車を
 ご利用頂きありがとうございました。
 今後も腕のいい、上手な工場を目指して日々
 精進していきます。




トップページへ   | 修理のご相談はコチラ




有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2018
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.