アウディの板金塗装・修理実績 | アウディ・A6・オールロード・クワトロ(C7), ボディ全磨きとボディコーティングの施工 | 和光自動車

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します.

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> アウディの修理例紹介 >> ●アウディ・16
 
 
アウディA6・オールロード・クワトロ Audi A6 allroad quattro (C7)
 


 アウディA6・オールロード・クワトロ(C7)の
 ボディ全磨きとボディ・コーティングの施工。

 まずは、ボディ全体をチェック。
 全体に少しウォータースポットが多いように
 感じました。
アウディA6・オールロード・クワトロのルーフの状態 アウディA6・オールロード・クワトロのボンネットの状態
アウディA6・オールロード・クワトロのボンネットをバフ磨き  


 オールロード・クワトロは、ボディ下に半艶消しの
 グレーの部品が着いているので、それにバフが
 当たらないように養生してから、バフ磨き作業を
 していきました。
アウディA6・オールロード・クワトロのボディをバフ磨き  ある程度磨けたところで、前後を逆に入れ替えて
 光の当たり方を変えて全体をチェックします。
 気になるところがあればさらに磨いていきます。
 
アウディA6・オールロード・クワトロを洗車  バフ磨きが終わったら、専用の洗剤でボディ
 全体を洗車します。
アウディA6・オールロード・クワトロのコーティングの下準備  下地の処理が終わったところで、
 コーティング剤を塗り込む準備をしていきます。

 ゴム部や完全な艶消しの部品はコーティングムラが
 出るので事前にマスキングしておきます。
アウディA6・オールロード・クワトロにコーティング剤を塗布
 準備が整ったところで、コーティング剤の塗布を開始。
 今回のコーティング剤は弊社のスタンダードの材料に
 なります。
コーティング剤が塗られたアウディA6・オールロード・クワトロ
 

 

 コーティングの塗り終わったボンネット。
 この状態で2時間ほど硬化させます。
コーティングの完了したアウディA6・オールロード・クワトロ  コーティング剤が完全に硬化しました。
 マスキングしていたテープを剥がして完成です。
アウディA6・オールロード・クワトロのボンネット  車の顔であるボンネットもキレイに仕上がりました。
アウディA6・オールロード・クワトロのルーフ  今回使用したコーティング剤は、G-ZOXでは
 ありませんが、コーティング剤を塗るまでの
 下地作業はG-Zoxを塗る場合と全く同じです。
 丁寧に磨いて下地を作ってからコーティング
 しています。
 全体にかなり綺麗になったと思います。
 
 弊社は東京下町の板金屋です。腕のいい、
 上手な工場を目指して日々精進しています。
アウディA6・オールロード・クワトロのドア アウディA6・オールロード・クワトロのリヤ周り




トップページへ   | 修理のご相談はコチラ




有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2016
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.