レクサスの板金塗装・修理実績 | レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10) のリヤドアとサイドスカート,バンパーの凹みキズ | 和光自動車

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します.

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> レクサスの修理例紹介 >> ●レクサス・4
 
 
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)の板金塗装のご依頼 LEXUS GS450h "F SPORT"(L10)
 レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10) のリヤドアと
 サイドスカート、リヤバンパーの凹みキズの
 板金塗装修理を行いました。
 
 ドアの下端は奥に押し込まれている状態で、
 サイドステップも角が潰れていました。
 しばらこの状態で乗られていたようで傷の
 部分には、錆も発生していていました。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のドアの凹みキズ レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のサイドスカートの傷
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のリヤ周りの傷  こちらはリヤバンパー周辺の傷の詳細。
 
 キズはたいしたことはなかったのですが、バンパー本体と、
 その下部のディフューザー(とそのメッキ部)にキズが
 あったので少しやり辛い作業となりました。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)の後ろの傷 レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のディフューザーの傷
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のディフューザー  バンパー下部のディフューザーは塗装済み新品の
 在庫があったので、新品部品に交換になりました。
 この部品を外すにはバンパー本体を外す必要が
 ありました。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のバンパー修理  一度外したバンパーを車体に仮組みして、
 バンパー本体のキズ修理にかかります。
 いつものようにキズのエッジを落として、
 修理箇所を滑らかにします。

 このようにバンパーが取り付けされている状態の
 ほうが全体が固定されてグラグラしないので
 修理しやすかったりします。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のバンパーにパテつけ  バンパーの傷にプラスチック用パテをつけました。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のドアとサイドスカートを板金  こちらは、ドアとサイドスカートの修理。
 サイドスカートは外して修理しましたが、
 パテを研磨してる段階で一度仮組みして、
 ドア、スカート、タイヤハウスの3つの面が揃う
 ように調整を行いました。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)のリヤバンパーを塗装  整形の終わったバンパーに下地のサフェーサーを塗り、
 再び車体から外して、本塗り塗装のシルバーを
 ペイントしました。。
 今回、リヤバンパーは部分塗装で仕上げています。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)の部品を組み付け  ドアと、サイドスカートにもシルバーをペイントし、
 完全乾燥させた後に鏡面仕上げのバフ掛けをして、
 外していた部品を組み付けたら完成。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)の修理が完了したドア周り  完成したドア周り。
 ドア、サイドスカート、タイヤハウスのそれぞれの面も
 違和感無く合わせることができました。
レクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)の修理が完了したバンパー周り  前バンパー右下のガリ傷もキレイに直りました。
 傷ついていたディフューザー(バンパー下部の整流板)は
 新品部品に交換しました。

 弊社は東京下町の板金屋です。腕のいい、
 上手な工場を目指して日々精進しています。
修理が完了したレクサス・GS450h・Fスポーツ(L10) お客様にお渡しする前のレクサス・GS450h・Fスポーツ(L10)




トップページへ   | 修理のご相談はコチラ




有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜,2018
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.