スズキの板金塗装・修理実績 | スイフト・スポーツ(ZC33S)のエアロパーツの塗装と取り付け.フィッティングも.トラスト製リヤウィング | 和光自動車

東京都荒川区の車のボディ修理専門店です.東京23区を中心に,車の擦り傷・ヘコミ修理・事故車の修復,保険での修理にも対応します.

ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> スズキの修理例紹介 >> ●SUZUKI・4
 
 
エアロ取り付け前のスズキ・スイフト・スポーツ Suzuki SWIFT sport (ZC33S)

 スズキ・スイフト・スポーツ(ZC33S)の
 エアロパーツの塗装と取り付け。
 エアロは、お客様持ち込みのトラスト製・新品パーツを
 取り付けました。
スズキ・スイフト・スポーツの純正リヤスポイラー  スイフト・スポーツなので、リヤスポは標準で
 ついている状態でした。
トラスト製エアロの入っている箱  持ちこまれたトラスト製リヤウィングスポイラー。
トラスト製エアロの展面  早速、箱を開けて、新品エアロの状態を確認。

 表面全体に、整形時の研磨跡がある状態でした。
トラスト製エアロの下面 トラスト製エアロの表面を拡大
トラスト製エアロのサイドのエッジ部  リヤスポイラーのエッジ部の詳細。
 上下2枚のパーツを和菓子の最中(もなか)のように
 貼り合わせている構造になっていて、その合わせ部が
 少し目立っている状態でした。
トラスト製エアロの合わせ部の先端側 トラスト製エアロのサイド部の詳細
スズキ・スイフト・スポーツにエアロを仮付け  今回のリヤスポイラーは、純正のウィングの上から
 被せる構造で、上面は両面テープを使って
 固定し、左右はビスで留めるタイプでした。
 全体の建付け精度はなかなか良かったです。
 この手のスポイラーは、前後に少しズレる
 だけで隙間が大きく空いてしまうので、
 一番いい位置を探って位置を決めました。
 こうやって塗装前にフィッティングしておけば、
 塗装完了後にスムーズに取り付けができます。
スズキ・スイフト・スポーツにエアロをフィッティング エアロのフィッティングの確認
エアロのと付け部の印  仮付けのリアスポを外したところ。
 仮付け時にビス穴の空ける位置をマーキングしました。
 この位置に穴を空けておきます。
エアロの接合部の修正  車体へのフィッティングが終わったところで、
 エアロの下地直しにかかります。
 黄色いパテの付いている範囲に整形上の歪みや傷が
 ありました。
エアロ接合部の修正・裏側  表面的な部分には手直しする箇所があちこちに
 ありましたが、全体にはよくできているエアロでした。
エアロ修正部をサイドから エアロの修正した箇所をサイドから
トラスト製エアロにサフェを塗装  パテの研磨が終わったところで
 サフェーサーを塗装。
サフェを塗装したリヤウィング  合わせ目のエッジも滑らかになりました。
トラスト製ウィングにパールホワイトを塗装  塗り上がったリヤスポイラー。
パール白を塗ったリヤウィング  上面側から撮影。
 今回の色は、3コート・パールホワイトでした。
 
トラスト製エアロをスズキ・スイフト・スポーツに取り付け  塗装の終わったエアロを車体に
 取り付けして完成。
スズキ・スイフト・スポーツに付けたウィング  純正部品のようにピッタリつけることができました。
スズキ・スイフト・スポーツに付けたウィングを下側から撮影  色も違和感なく合っていると思います。

 この度は東京下町の板金屋・和光自動車鈑金を
 ご利用頂きありがとうございました。
 今後も腕のいい、上手な工場を目指して日々
 精進していきます。
スズキ・スイフト・スポーツ スズキ・スイフト・スポーツを後ろから撮影
greddyのエンブレム  オマケ画像。
 付属で着いてきた「GReddy」のエンブレム。




トップページへ   | 修理のご相談はコチラ




有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2019
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.